ガンにならず長い寿命を実現する進化を成し遂げたネズミ「ハダカデバネズミ」 ガン・腫瘍

Amrit不老不死研究所


2011/12/21

ガンにならず長い寿命を実現する進化を成し遂げたネズミ「ハダカデバネズミ」

 ハダカデバネズミ(Heterocephalus glaberまたはnaked mole-rats)はその名の通りネズミなのに毛が無く出っ歯(Wikipediaのページ、写真あり)な地中に住むネズミである。このネズミは他のネズミとは全く異なり、人類がうらやむ進化を遂げている。

特徴その1:ガンにならない。
 このネズミは驚くべきことにガンにならない。解析の結果、普通のネズミやヒトがガン細胞の増殖を防止する仕組みを1つしか持たないのに対し、このハダカデバネズミは2つ持っていることが分かっている。


特徴その2:長寿命
 通常のネズミの寿命は2〜3年程度であるが、このネズミは10倍近い30年近い寿命を持つ。様々な解析の結果、ハダカデバネズミは長寿を実現するための多数の特徴を持っている事が分かっている。例えばハダカデバネズミは年老いても血管が若いままだそうだ。これはハダカデバネズミの細胞が活性酸素などの酸化ストレスに強く老化に伴ってタンパク質が劣化しないことが原因と考えられる。また、通常は老化に伴い増えてくる酸化ストレスそのものが少ないことが分かっている。これは細胞のエネルギー発生装置であるミトコンドリア(老化に伴い劣化すると活性酸素を出す)が普通のネズミやヒトのものより効率が良いためだ。

この不思議な進化を成し遂げた「ハダカデバネズミ」のメカニズムを分析して人間の健康に役立てようとする研究はあちこちで行われており、2011年の7月にはハダカデバネズミの全ゲノム配列が解読されたことが報告されました。この分析結果を元に寿命を延ばしたり病気を防いだりすることが出来る新しい方法が見つかるかもしれません。

Category:ガン・腫瘍 / 44

 Keyword:【活性酸素(39)】 【ミトコンドリア(15)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ 以前の記事■■■
2010/12/09低量のアスピリン長期服用により癌のリスクが60%減少
2010/03/30癌患者の2%がCT検査による発症?(nikkei)
2010/06/18放射線応答リガンドペプチドのクリックケミストリーによる修飾とパクリタキセル吸着性ナノゲルを使った抗腫瘍DDS製剤
2010/06/28ミニ細胞によるsiRNAまたは抗ガン剤デリバリー
2010/10/28生活習慣の修正で直腸ガンになる確率を23%下げることができる
2010/10/26中年以降に放射線を浴びて癌になる確率は、これまで考えられていたより高い
2009/04/02久留米大学の国内初の「がんワクチン外来」、申し込み殺到で受付1時間で受け付け終了
2008/07/03白血球を使用した癌治療が臨床試験段階に
2008/08/06ビタミンC投与でがん半減 マウス実験で、米研究所


ミトコンドリア

活性酸素