バカなハエほど長生きする。寿命と知能の関係 (天才になる方法のカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2011/11/19

バカなハエほど長生きする。寿命と知能の関係

 ハエでもネズミでも、賢い個体のみを残していくような人工的な自然淘汰を行い学習能力の高い集団を作り出せることは知られている。しかし、このような人工的な自然淘汰が選択する条件(この場合、賢さ)以外の部分にどのような影響を与えるかについてはこれまで分かっていなかった。

 スイスのフリブール(Fribourg)大学の研究者らはハエ(Drosophila)を利用して知能寿命の関係を調べた。研究者らはまず、ハエの集団をパブロフの条件付け的教育(例えば、ブザーが鳴った時に危険が迫るような環境で飼育、ブザーと危険を結びつけられる個体のみが生き残れる。など)で30〜40世代飼育した、すると学習を行ったハエの集団は学習を行わなかったハエの集団に比べて学習能力・記憶力とも向上しているのが確認された。しかしこのハエの集団をよく調べると平均寿命が元のハエに比べて15%程度短くなっており、若干生殖能力が落ちているのが確認された。

 一方、面白いことに寿命の長いハエを選んでいくというセレクションを同じ期間行ったところ、寿命の長いハエ集団が得られたが、これらのハエ集団の知能を調べたところ、元のハエ集団よりも40%バカになっていることが確認されたそうだ。

 研究者らは、知能を維持するには多くのエネルギーが必要で、学習能力が高まると個体としての生存力が低下してしまうのでは無いかと推測しているそうだ。近年、人間の寿命は延びつつあるが、これらの寿命の延長は医療技術の進歩によるものであるはずであり、人類がバカになっているってことは無いと信じたい。

参考:
  • A cost of long-term memory in Drosophila. Science. 2005 May 20;308(5725):1148 PMID:15905396
  • A fitness cost of learning ability in Drosophila melanogaster. Proc Biol Sci. 2003 Dec 7;270(1532):2465-9 PMID:14667336

Category:天才になる方法 / 52

 Keyword:【学習能力(8)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2011/11/02泥んこ遊びが「うつ病」を予防し頭も良くする可能性
2011/10/05展開の早いTV番組は短時間の視聴でも子供の直後の行動に悪影響
2011/06/16一夜漬け学習で記憶が定着しないメカニズムの一部が解明される?。一夜漬け学習と反復学習の記憶では脳内の記憶場所が異なる。
2011/04/09小脳内のDーセリンにより脳の可塑性が向上するとの報告(mycom)
2011/02/18IGF-IIを注射することにより、記憶力を増強出来る
2011/02/18筋トレもランニングなどの有酸素運動と同様に脳機能を改善しうる
2011/02/01高齢者に運動をさせることで海馬の容積が増加する
2011/01/25記憶定着には「すぐ睡眠」が効果的
2010/11/09脳に微弱な電流を流すことで、オーバークロック出来る(/.jp)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)6559access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2128access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2063access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1884access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1606access

すべて見る


学習能力