チューインガムは認知力を高める効果がある。しかしテストのスコアを上げるには噛むタイミングが重要 (天才になる方法のカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2011/12/13

チューインガムは認知力を高める効果がある。しかしテストのスコアを上げるには噛むタイミングが重要

 この発表をしたのはアメリカのセント・ローレンス大学の研究者ら。研究者らは大学の生徒79名に協力してもらって様々な認知力を評価する5つの実験を行いました。例えば「エピソード記憶」のテストとしては30の英単語(6〜7文字の名詞)を連続で1.5秒ずつ見せ、あとでいくつ思い出せるかを調べるテストなどです。

 学生らには、これらのテストを実施する前や最中などいくつかのタイミングでチューインガムを噛んでもらいました。噛んでもらうチューインガムは含まれる砂糖の影響を排除するためにノンシュガーのチューインガムとしました。様々なタイミングでチューインガムを噛んでもらった結果、驚くべきことにテスト5分前にガムを噛んだ生徒でテストで脳力テストのスコア向上が見られました。しかし、残念ながらスコアの向上はテスト開始後15〜20分しか持続しなかったことから、チューインガムによる認知力向上効果は短時間しか続かないと言えます。

 また、面白いことに認知力テスト中にチューインガムを噛んでもスコアは向上しませんでした。研究者らは噛む行為が思考を妨げている可能性があると予想しています。チューインガムを噛むことにより成績が上がる理由に関してのメカニズムは分かっていませんが、噛むことにより脳の血糖値が上昇する(血流が増加する?)、覚醒度が上がる、心拍数や血圧が上がるなどの現象が過去の研究により報告されています。

 またチューインガムを噛むことによるテストのスコア向上は5つ実施したテスト全てで見られたわけではなく、一部のテストのみで効果が見られました。チューインガムを噛むことにより認知力全体が向上するのでは無く、一部の脳力のみが上昇するのかもしれません。チューインガムはこのように脳に良い効果を与えることがあるようです。ただ、別の研究でADHD(注意欠陥・多動性障害)の子供ではチューインガムによって集中の持続が阻害されることも報告されており長所と短所もあるようです。

Category:天才になる方法 / 52



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2011/11/19バカなハエほど長生きする。寿命と知能の関係
2011/11/02泥んこ遊びが「うつ病」を予防し頭も良くする可能性
2011/10/05展開の早いTV番組は短時間の視聴でも子供の直後の行動に悪影響
2011/06/16一夜漬け学習で記憶が定着しないメカニズムの一部が解明される?。一夜漬け学習と反復学習の記憶では脳内の記憶場所が異なる。
2011/04/09小脳内のDーセリンにより脳の可塑性が向上するとの報告(mycom)
2011/02/18IGF-IIを注射することにより、記憶力を増強出来る
2011/02/18筋トレもランニングなどの有酸素運動と同様に脳機能を改善しうる
2011/02/01高齢者に運動をさせることで海馬の容積が増加する
2011/01/25記憶定着には「すぐ睡眠」が効果的


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)6559access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2128access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2063access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1884access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1606access

すべて見る