血液中のDHAやEPA量が低い高齢者は脳の縮小化が大きい (カテゴリー:天才になる方法)


2012/02/29

血液中のDHAやEPA量が低い高齢者は脳の縮小化が大きい

 この研究を発表したのはカリフォルニア大学デービス校の研究者ら。これまでの研究で、DHAEPAなどが多く含まれる食品を多く食べることで認知症になるリスクを減らすことが出来ると報告されている。今回、血液中のDHAやEPAの量が少ない高齢者は脳の大きさ自体が小さいことが報告された。

研究者らは1575人の老人を調べた(男性721名、女性854名、平均年齢67歳)。全員の血液中(赤血球中)のDHA濃度とEPA濃度を測定し、またMRIで脳の体積を測定した。1575人を血液中のDHA濃度が高い順に並べ、年齢や性別、受けた教育のレベル、日々の運動の有無や肥満度なども考慮に入れて比較したところ、血液中のDHA量が低い方25%の人は脳全体の体積や、大脳の白質の体積が少ないことが分かった。

 人間の脳は高齢になると徐々に小さくなっていくが、この縮小化は血液中のDHA量やEPA量を高く保つような生活を行うことで防げる可能性を示していると言える。研究者らによると血液中のDHA量を多く保つことで2歳分若い脳の体積を維持出来ると計算出来るようだ。

DHAやEPAなどは魚に多く含まれる油成分である。油全体の分類ではオメガ3油という分類の不飽和脂肪酸である。日々の食物に含まれる油には3種類あり、現代の生活ではオメガ6油を取りすぎており、またオメガ3油の摂取量を増やすことで健康に過ごせると言われている。

★油の分類

★不飽和脂肪酸の分類
含まれている食品
オメガ3油しそ油、亜麻仁油、魚の脂
オメガ6油なたね油、ごま油
オメガ9油オリーブオイル

Category:天才になる方法

 Keyword:【DHA(4)】 【EPA(4)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2011/12/13チューインガムは認知力を高める効果がある。しかしテストのスコアを上げるには噛むタイミングが重要
2011/11/19バカなハエほど長生きする。寿命と知能の関係
2011/11/02泥んこ遊びが「うつ病」を予防し頭も良くする可能性
2011/10/05展開の早いTV番組は短時間の視聴でも子供の直後の行動に悪影響
2011/06/16一夜漬け学習で記憶が定着しないメカニズムの一部が解明される?。一夜漬け学習と反復学習の記憶では脳内の記憶場所が異なる。
2011/04/09小脳内のDーセリンにより脳の可塑性が向上するとの報告(mycom)
2011/02/18IGF-IIを注射することにより、記憶力を増強出来る
2011/02/18筋トレもランニングなどの有酸素運動と同様に脳機能を改善しうる
2011/02/01高齢者に運動をさせることで海馬の容積が増加する


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)16078access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)5752access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)5654access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)4207access
太りやすさは腸内細菌の種類で変化する(ダイエット・メタボリックシンドローム)4035access

すべて見る


DHA

EPA