飲み過ぎは脳のシナプス接続をつなぎ変え不安への感受性を増加させる (生活習慣のカテゴリーに関する別の記事)


2013/01/04

飲み過ぎは脳のシナプス接続をつなぎ変え不安への感受性を増加させる

 これまでにもPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの不安障害飲み過ぎの関係は指摘されていましたが、マウスを使った新しい実験によりアルコールの影響が明らかとなっています。どうやら飲み過ぎは脳の神経回路を組み変えトラウマ的な出来事から立ち直るのを難しくしているようです。

 この研究はアメリカNIH(国立衛生研究所)の研究者により発表されました。研究者らはマウスを2つの飼育ケージに分け、片方の飼育ケージにはアルコールを含んだ空気を送りこみ、中にいるマウスの血中アルコール濃度が175mg/dlぐらいになるように維持しました。この量は人間に換算するとビール大びん3〜5本飲んで千鳥足になっている程度で飲み過ぎ状態を人工的に作り出した状態です。もう一方の飼育ケージは通常どおり飼育しました。

 そして可哀想な実験ではありますがマウスにブザー音とともに弱い電気ショックを定期的に与えました。こうするとマウスはたとえ電気ショックが無くてもブザー音だけで過敏な反応を示すようになります。いわばPTSDの状態です。

 実験の途中からは電気ショックを止めてブザー音のみを聞かせるようにしたのですが、アルコールを飲んでいないマウスは早い段階で徐々にブザー音を恐れなくなっていった一方で、飲み過ぎ状態のマウスはいつまでたってもブザー音を恐れ続けていました。PTSD状態からなかなか抜け出せない状態になっていました。

 飲み過ぎマウスの脳を解剖してみたところ、脳の神経細胞が従来とは異なる形になっており、NMDAレセプターが抑制された状態に変化していることが分かりました。NMDAレセプターは記憶や学習に重要な役割を担っており、記憶や学習が妨げられている状態であることを意味しています。

 研究者らは、飲み過ぎ状態は脳の神経細胞の配線を組み変え不安への感受性を増大させると共にPTSDから立ち直りにくくしていると指摘しています。

Category:生活習慣 / 19

 Keyword:【アルコール(14)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2012/11/12大量の飲酒をしてしまうのはビアグラスの形が原因かもしれない
2012/10/03タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化
2002/04/10魚を食べて心臓病を防ごう(朝日新聞)
2003/01/09アルコール好きは心臓発作になりにくい(MSN)
2004/07/08カビのニオイ、気が付いてなくてもα波が3割減少
2005/03/07カルシウムを摂取するために牛乳を飲むのは間違い?(medilexicon)
2006/03/12子供の鉛摂取に関してもっと気にしないといけないことがある(1)
2008/09/08妊娠初期のアルコール摂取は胎児の細胞死につながる
2008/10/27アルコールの摂取は、適量でも老人の脳機能を低下させるようだ


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)7169access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2289access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2091access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1971access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1633access

すべて見る


アルコール