男はダイエットの時に脂肪燃焼作用がある「褐色脂肪細胞」に期待しても無駄。女と違ってほとんど体内に無い (ダイエット・メタボリックシンドロームのカテゴリーに関する別の記事)


2013/01/18

男はダイエットの時に脂肪燃焼作用がある「褐色脂肪細胞」に期待しても無駄。女と違ってほとんど体内に無い

 脂肪の中の細胞には2種類あることが知られています。脂肪を溜め込む「白色脂肪細胞」と、食事を食べた時や周囲が低温になった時に脂肪を燃焼させ熱を発生させる「褐色脂肪細胞」です。

 脂肪を燃焼させることの出来る褐色脂肪細胞ダイエットを成功させるキーとして、様々なダイエット方法で取り上げられることがありますが、どうやら最新の研究によると体内の褐色脂肪細胞の量は男と女で大きく違うようです。

 最近になり体内に含まれる褐色脂肪細胞の量をFDGという標識グルコース誘導体を用いて測定出来るようになりました。ドイツの研究者はこの方法を使って、年齢や性別、太り具合によって体内にある褐色脂肪細胞の量がどれぐらい違うのか比較しました。

 研究者は11歳〜82歳の男女260人の褐色脂肪細胞の量を調べ、性別や体型(BMI値)との関係を調べました。その結果が以下のグラフになります(報告論文のデータから作成)



 褐色脂肪細胞は幼児期には沢山ありますが、徐々に減少していくことが知られています。生まれた頃には100グラム程度あると言われる褐色脂肪細胞も11歳〜43歳の平均を調べると男女ともおよそ50グラム程度に減っていました。ここまでは以前から知られていた事です。

 今回、43歳以降の人の褐色脂肪細胞の量を調べたところ、女性は徐々に減少するものの56歳以降でも15グラム程度は残っているのに対して、男性は急激に量が減少し43歳以降では、ほとんど無い事が分かりました。

次のグラフは1つ1つの褐色脂肪細胞の脂肪を燃焼させるパワーを調べたものです。



 男性ではさらに1つ1つの褐色脂肪細胞の働きも弱いことが分かりました。褐色脂肪細胞は動物実験から換算すると50グラムあれば1日に400キロカロリー程度脂肪を燃焼させると言われています。ダイエット法の中では「お風呂あがりに冷水を浴びて褐色細胞を活性化、数を増やす!」とか言っているのを見かけますが、今回の研究結果を合わせて考えると、中年以降の男性ではこういったダイエット方法は無駄で寒いだけかもしれません。

Category:ダイエット・メタボリックシンドローム / 59

 Keyword:【褐色脂肪細胞(4)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2012/11/19不規則な時間にだらだら食べるより、規則正しい時間に高カロリーをとった方が太らない
2012/12/05太りやすさは腸内細菌の種類で変化する
2012/09/19授乳中の母親の食生活が子供の体質・太りやすさに長く影響を与える
2012/06/01腸内バクテリアの種類で太りやすさが変化する。
2012/02/14トマトダイエットに必要なトマト量の計算と、1粒でトマト4個分と同じ効果を持つサプリメント
2011/09/271日おきにカロリー制限を行うダイエット方法「カロリーサイクリング」でどれぐらい痩せるか
2011/09/07ポテトチップスなどの脂質を含む食事が止められない理由はマリファナの使用と同じ理由
2011/10/26肥満はAd-36ウイルスによって感染する
2011/08/01リバウンドしてしまうとしても懲りずにダイエットする事で長生き出来る


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)7169access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2289access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2091access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1971access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1633access

すべて見る


褐色脂肪細胞