タンパク質を多く含む(1日35グラム)朝食を食べることで一日を通して食欲を抑え間食を減らすことが出来る (ダイエット・メタボリックシンドロームのカテゴリーに関する別の記事)


2013/03/27

タンパク質を多く含む(1日35グラム)朝食を食べることで一日を通して食欲を抑え間食を減らすことが出来る

 朝食の大切さは日本でもよく言われますが、アメリカ・コロンビア州ミズーリ大学の研究者が朝食の内容を気をつけることで一日を通じて食欲を抑え間食を減らすことが出来ると報告しています。

 研究者は、18歳〜20歳の太り気味の女性(平均BMI28.6)のボランティア20名を雇い朝食に含まれるタンパク質の量と食欲・間食の頻度の関係を調べました。

 ボランティアは2つのグループに分けられ、片側のグループは一般的な朝食用シリアル、もう一方のグループは卵や赤身肉を含むタンパク質の多い朝食を1週間にわたり食べてもらいました。そして1週間後の夕方、実験期間の食生活についてアンケートをとり、また血液検査とfMRIによる脳の状態の検査を行いました。

 2種類の食事はどちらも同じ350キロカロリーで、同じ量の脂肪食物繊維糖分を含んでいる点は同じですが、朝食用シリアルがタンパク質13グラムしか含んでいないのに対し、高タンパクの食事では35グラムのタンパク質を含んでいるという違いがあります。

 2つのグループを比較したところ、高タンパクの朝食をとったグループでは食欲抑制作用がある血液中のペプチドYYというホルモンが増加していました。また、アンケートを見ると夕方にスナック菓子を間食してしまう頻度が減っていました。さらに脳の検査では満足感を感じる脳内の部分が活性化していることが分かりました。

 現在、アメリカでは若者の60%が朝食を食べていないと報告されています。研究者の実験では朝食を抜いた場合も朝食用シリアルを食べた場合もスナック菓子を食べる頻度が高い結果となっており、これらの若者がタンパク質の多い朝食をとることで食欲を抑え肥満になる人が減少するかもしれません。

 今回の実験ではタンパク質を増やすために卵や赤身肉を使いましたが、研究者によるとヨーグルトやチーズ、ハムなど別の高タンパクの食材でも同じ効果が得られるだろうと言っています。(ただしヨーグルトには100gあたり3〜4gしかタンパク質が含まれていない)

Category:ダイエット・メタボリックシンドローム / 60

 Keyword:【ペプチドYY(2)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2013/01/18男はダイエットの時に脂肪燃焼作用がある「褐色脂肪細胞」に期待しても無駄。女と違ってほとんど体内に無い
2012/11/19不規則な時間にだらだら食べるより、規則正しい時間に高カロリーをとった方が太らない
2012/12/05太りやすさは腸内細菌の種類で変化する
2012/09/19授乳中の母親の食生活が子供の体質・太りやすさに長く影響を与える
2012/06/01腸内バクテリアの種類で太りやすさが変化する。
2012/02/14トマトダイエットに必要なトマト量の計算と、1粒でトマト4個分と同じ効果を持つサプリメント
2011/09/271日おきにカロリー制限を行うダイエット方法「カロリーサイクリング」でどれぐらい痩せるか
2011/09/07ポテトチップスなどの脂質を含む食事が止められない理由はマリファナの使用と同じ理由
2011/10/26肥満はAd-36ウイルスによって感染する


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)10330access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)3619access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)2624access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2235access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1836access

すべて見る


ペプチドYY

ペプチドYY(Peptide YY)(別名PYY3-36)は食欲抑制ホルモンとして知られる。有酸素運動により血液中の量が増えることが報告されている。

ペプチドYYは食物を食べた時の刺激などで腸で作られる。