レジ打ちの仕事は危険?感熱紙を2時間触り続けるだけで、尿中から検出されるBPA(ビスフェノールA)の濃度が上昇する (カテゴリー:生活習慣)


2014/03/04

レジ打ちの仕事は危険?感熱紙を2時間触り続けるだけで、尿中から検出されるBPAビスフェノールA)の濃度が上昇する

 BPA(ビスフェノールA)は古くから使われている化学物質で塗料として今でも様々な用途に使用されていますが、近年、BPAが大人の生殖能力や子供の神経発達などに悪影響を及ぼすことが報告され問題となっています。

 これまで注目されていたのは主に、食品包装紙やプラスチック容器などを通じて食事から入ってくるBPAであり、BPAを含まない食器・食品包装容器の使用が推奨され、国産の食品なら対策が進んでいるはずです。しかし、今回、アメリカ・シンシナティ子供病院のEhrlichらは、レジなどで使われる感熱紙に注目し驚くべき結果を報告しています。

 研究者らは24人のボランティアを雇い、実験を開始する前の尿サンプルを採取し、その後、感熱紙を2時間触り続けてもらいました。その後、再び尿サンプルを採取し、尿中のBPA濃度を調べました。

 実験開始前の尿サンプルでは83%(20人)の尿からBPAが検出されました。これはBPAが日常生活のいたるところで使われているためです、そして2時間感熱紙を触り続けてもらった後では全員の尿中からBPAが検出されました。これは感熱紙に含まれるBPAが皮膚を通して吸収され体内に入っていることを示しています。

 濃度を比較すると、実験前は尿中の平均が1.8μg/L、触った後は5.8μg/Lでした。濃度は実験後12時間経過しても高く、24時間後には低下していきました。

 BPAの有害性に関しては多数の報告がありますが、例を挙げると↓の研究では血中濃度が0.6μg/L以下の人に比べ、1.6μg/L以上の人は妊娠中に流産する確率が1.83倍高いことが報告されています。またサルを用いた研究では、従来考えられていたよりも低い濃度で胎児に悪影響があることが報告されています。

 感熱紙を触り続ける機会が全く無い人もいれば、スーパーのレジで働いている人などは日常的に触る環境にあるはずです。こういった人は手袋をして仕事をした方が良いかもしれません。

Category:生活習慣

 Keyword:【BPA/2】 【ビスフェノールA/2】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2013/06/05ヨーグルトなどに含まれる微生物が人間の思考に影響を与えている
2013/01/04飲み過ぎは脳のシナプス接続をつなぎ変え不安への感受性を増加させる
2012/11/12大量の飲酒をしてしまうのはビアグラスの形が原因かもしれない
2012/10/03タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化
2002/04/10魚を食べて心臓病を防ごう(朝日新聞)
2003/01/09アルコール好きは心臓発作になりにくい(MSN)
2004/07/08カビのニオイ、気が付いてなくてもα波が3割減少
2005/03/07カルシウムを摂取するために牛乳を飲むのは間違い?(medilexicon)
2006/03/12子供の鉛摂取に関してもっと気にしないといけないことがある
2008/09/08妊娠初期のアルコール摂取は胎児の細胞死につながる


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)5495access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)5001access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)4333access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)4288access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)3724access

すべて見る


ビスフェノールA

BPA