生体腎臓移植のドナーとなると、その後の生命保険や健康保険加入に困難がある (カテゴリー:人工腎臓・腎臓の再生医療)


2014/07/16

生体腎臓移植のドナーとなると、その後の生命保険や健康保険加入に困難がある
Donating a kidney may make it difficult to change or initiate life and health insurance

 腎臓の一つを他人に提供した場合の提供者に健康的問題があるという報告はありません。にもかかわらず生命保険や健康保険の加入時にトラブルがあるようです。

 今回の報告はジョブ・ホフキンス大学の研究者らによりAmerican Journal of Transplantationという学術雑誌で報告されました。研究者は1970年〜2011年に腎臓を提供した1046人に聞き取り調査を行いました。

 健康保険に関しては、395人が腎臓提供後に保険に加入または保険を変更していましたが、そのうち27人が腎臓提供を理由とするトラブルがあったと答えました。内訳は15人が加入を断られ、12人が高いプランを強要され、8人は加入時に腎臓を提供していることが条件として考慮されると告げられました。

 生命保険に関しては、186人が提供後に加入または変更し、46人がトラブルがあったと答えています。23人が断られ、27人が高いプランを強要され、17人が加入時に腎臓提供されていることが条件として考慮されると告げられたそうです。

 腎臓提供は健康な人のみが行える行為です。研究者らは保険会社のこういった事が不必要な重荷とストレスをかけていると言っています。

Category:人工腎臓・腎臓の再生医療

 Keyword:【ストレス/2】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2002/12/26ヒトやブタの胎児細胞をマウスに移植し腎臓を作ることに成功(mainichi)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)9057access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)6986access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)6046access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)5958access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)5421access

すべて見る


ストレス