肺ガンを早期発見するためにCT検査を行うコストパフォーマンス (カテゴリー:診断技術)


2014/11/06

肺ガンを早期発見するためにCT検査を行うコストパフォーマンス

 一般的な健康診断ではX線撮影を行い「平面写真」に基づき癌の有無などを確認しますが、X線CTという手法を使えば肺の「三次元的写真」を得ることが出来て癌を見つけやすくなります。ただしX線CTは撮影費用が高額です。どれぐらいのコストパフォーマンスなのでしょうか?

 X線CT撮影の費用は1人あたり1631ドル(18万円ぐらい)です。癌を早期発見出来る可能性を考えるとX線CT撮影を1回することにより、その人の寿命が平均0.03年(10日ぐらい)伸びる計算になるそうです。

 これは医療経済的に考えると人1人の寿命を1年延ばすために必要な費用は5万2000ドル(550万円ぐらい)です。

 日本やイギリスのように国民皆保険制度を持つ国では、こういった医療経済的な数字を見て、国の懐事情を考慮に入れつつ保険適用するかどうかを決めたりします。

Category:診断技術



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=3
001 [11/07 08:12]見学者:単純レントゲンに比べてCTは2桁くらい多く放射線を浴び発がんの確率を上げる可能性がある。http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/08/dl/s0819-3f.pdf
002 [11/07 08:22]KOU@Dion:コストの感じ方は対象者の年齢にもよるところではないでしょうか。医療技術の進歩はありがたいとは思いますが、低コスト化も合わせて実現してほしいものです
003 [11/08 19:44]も。@Dion:18万円はすごいな,さすがアメリカ。日本だと保険使わなくても,X線CTなら2万円ぐらい。

名前 ↑B
コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事の総アクセス数(最後の書き込みまで):373 ↑B [RSS]



■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2013/01/23MRIスキャンで子供の実年齢や学習能力が正確に判別可能に。学習が遅れ気味の子を早期に発見し対策を講じれることが期待される。
2012/04/18血液の遺伝子診断で現在の社会的ランクを80%の正確さで予測出来る。アカゲザルを用いた研究
2010/06/10単一分子の検出系を利用した1分子を検出出来る「デジタルELISA(digital ELISA)」


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)11566access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)10458access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)8526access
風邪薬に含まれるイブプロフェンは風邪を長引かせ悪化させる可能性があるとの研究結果(感染症)7293access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)7231access

すべて見る