超低温の部屋で2分過ごすだけで800キロカロリー消費する?クライオセラピーとは (カテゴリー:ダイエット・メタボリックシンドローム(記事数:75))


2016/11/17

超低温の部屋で2分過ごすだけで800キロカロリー消費する?クライオセラピーとは

疲労回復効果、ダイエット効果も凄いらしいが、死亡する人が出たらしい。

色々調べましたが、全身の超低温療法でIrisinという筋肉由来のホルモンが分泌され、軽い炎症を抑制し、発熱を促すところまでは確認出来ました。

ただ超低温療法の総説を見ても、カロリー消費が増えるとか、体重が減るとか、酸素消費量が増えるとか、二酸化炭素排出が増えるとか、一切見つかりませんでしたのでダイエット効果に関してはかなり怪しいかと

Category:ダイエット・メタボリックシンドローム

 Keyword:【筋肉/21】



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=44
001 [11/17 21:19]Sweet@NetHine:そりゃ南極越冬隊なんかは通常カロリーの2倍程度を摂らないと体が保たないと言いますが、そもそも2分で800kcalもの熱(体温)を生み出す事が人体に出来るんですかね?1時間24000kcalって、ちょっとした風呂の給湯器クラスですよw (11)
002 [11/17 21:31]Sweet@NetHine:すみません、今本文読んできました。「2分間で800kcalを消費」する訳じゃないんですね。失礼しました。 (11)
003 [11/18 01:22]( ̄∀ ̄)@Biglobe:それ系でスイッチが切れず死亡事件起こったよね。 (9)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
筋肉


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)16806access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)16599access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)14052access

すべて見る