うつ病患者などが「どれぐらい死にたいと思っているか」等を血液検査で測定可能に (カテゴリー:精神(記事数:15))


2016/12/19

うつ病患者などが「どれぐらい死にたいと思っているか」等を血液検査で測定可能に

 この研究は九州大学医学部、大阪大学医学部などの共同研究。例えば、血中のプロリン、アグマチン、ATPなどが低下していると「無価値感」「罪悪感」を感じており、「5ヒドロキシトリプトファン」が上昇すると「落ちつかなさ」を感じている、「キヌレニン」量が低下していることと「死にたい気持ち」が相関していることが分かったそうです。

 今回は従来行われている評価方法とこれらの数値が相関していることが分かったのみです。自殺の危険性のあるかどうかを見つけ出すことが出来れば患者に大きなメリットありそうです。また、これらの成分を血中に追加したら改善するのか試してもらいたいところ。

Category:精神

 Keyword:【うつ病/10】



■ ■ ■ コメント ■ ■ ■

いいっすね!=23
001 [12/19 15:56]Oppaidayo@Biglobe:5HTTP上昇でハイになる筈じゃないのかい? (6)
002 [12/19 19:29]:計ってもらいたい〜。わりとマジメに。 (6)
003 [12/20 11:56]はすし@目の前で焼身自殺された知人有り@YahooBB:実は臨床の出来ない精神科医や心理士が蔓延ってるのが現状。見える化はそう言った馬鹿の為には必須。 (5)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
うつ病


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

全アクセス 全アクセス
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)16936access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)16681access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)14200access

すべて見る