COX2は白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変える作用がある (ダイエット・メタボリックシンドロームのカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2010/05/10

COX2は白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変える作用がある

発表したのはドイツ、ハイデルブルグのドイツがんセンターの研究者。

COX2を白色脂肪細胞(WAT)で過剰発現させると褐色脂肪細胞(BAT)に変化し、エネルギー消費が増え、高脂肪食を与えても太らないマウスになったそうです。

COX2はプロスタグランジンの合成量を決定する因子であることが知られていることからプロスタグランジン経路がエネルギー消費の恒常性維持に関わっている可能性があると考えられます。

COX(シクロオキシゲナーゼ)2は炎症やガンの増殖に関わることが知られています。アスピリンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)などCOX2阻害を作用メカニズムとする薬は多数ありますが、COX2を増やす作用のある薬は無いようなのでダイエット薬には使えないかな?

Category:ダイエット・メタボリックシンドローム / 59

 Keyword:【褐色脂肪細胞(4)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2010/03/25スリムな女性が体重を維持するには1日1時間の適度な運動で十分だが、過体重の女性が体重を落とすには運動のほかに食べ物の量も減らす必要がある(afpbb)
2010/06/17レプチンはI型糖尿病の治療に使える。
2010/07/15セロトニン(5-HT)2C受容体アゴニスト薬で体重が減少し、体重低下が維持される
2010/09/13ヒトの脂肪細胞が分泌する20の新しいペプチドを発見
2010/09/13ダイエットをすると脂肪に蓄積された有害物質が血液中に流出する
2010/08/26人工甘味料入りの炭酸飲料を飲むと早産の可能性が高まる
2009/09/09夜食べると太る…本当でした 米グループ、マウスで確認(asahi)
2008/09/16アトキンスダイエット(wikipedia)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)5773access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2014access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)1873access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1781access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1563access

すべて見る


褐色脂肪細胞