色覚異常の人がより多くの色を見分けられるようになるコンタクトレンズが開発される
カテゴリー:目・視覚(記事数:24)

2020.03.13

色覚異常の人がより多くの色を見分けられるようになるコンタクトレンズが開発される

左右の目で異なるカラーフィルターのメガネをかけて脳をトレーニングするというアイデアはどうだろう?

リンク先で言うSの細胞の最大吸収波長は青よりもさらに短波長のindigo的な色なんだね。明度は少し乏しいけどプレゼンに活用出来るかもしれない。

外国人にはリンク先でいうLの細胞が無い人がそれなりにいるのでプレゼンテーション資料では赤は使わずオレンジを使うようにしている。

Category:目・視覚




コメント

いいっすね!=4

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る