日本新薬が記憶力改善機能が確認出来た「バコパサポニン」配合のサプリメントを発売開始
カテゴリー:サプリメント(記事数:34)

2020.03.19

日本新薬が記憶力改善機能が確認出来た「バコパサポニン」配合のサプリメントを発売開始

40―65歳の76人にバコパサポニン(Brahmi (Bacopa monnieri))含有のサプリと、プラセボ(偽薬)を3カ月間飲ませる臨床試験で記憶力改善効果が確認出来たとのこと。
熱帯のバコパ(和名オトメアゼナ)という植物の成分でインドでは古くから伝統医療アーユルヴェーダにおいて記憶力増強のハーブとして知られていたとのこと。有効成分は神経伝達物質であるノルアドレナリンを分解するモノアミンオキシダーゼ(MAO-A)を阻害する作用が確認出来ているらしい。

同社が販売するのは30日分4980円のサプリメント「記憶の小箱」。
なんだ海外では同一成分がすでに色々と売られているね

Category:サプリメント




コメント

いいっすね!=5

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る