中年以降に放射線を浴びて癌になる確率は、これまで考えられていたより高い (カテゴリー:ガン・腫瘍)


2010/10/26

中年以降に放射線を浴びて癌になる確率は、これまで考えられていたより高い

これまで動物モデルを用いた研究では癌になるリスクは中年以降に浴びた場合よりも若年で浴びた場合の方が大きいと報告されてきた。しかし、日本の原爆患者の研究ではこれらの差は見られず、動物モデルとの違いは不明であった。

 今回、Columbia Univertsity in New YorkのDabvid J. Brennerらは日本の原爆患者らを調査して被爆した年齢と癌になるリスクを再検討した。放射線により癌になる原因は2つ考えられる。

1つめの要因は細胞分裂が盛んな若年層で高いため、従来は若い時に放射線を浴びた時のリスクは中年以降に浴びた人より高いと考えられてきた。しかし中年以降の人の体内にはすでに前癌状態の細胞が多数あるため、2番目の要因を受けやすいため若年と同様のリスクがあることが分かったそうだ。
 最近の研究で癌患者の2%がCT検診が原因で癌になった(nikkei)というショッキングな報告がなされている。CTはX線を使い体内の様子を立体的に可視化出来るがこの測定により単純なX線撮影の1000倍の被爆が生じる。(胸部単純X線検査(前後方向)が0.01mSv、腹部CT検査は10mSv)。今回の研究結果をふまえ、中年以降で受けるCT検診などで癌になるリスクにも注意を払う必要があると言える。

  • 原文(Cancer Risks After Radiation Exposure in Middle Age,JNCI J Natl Cancer Inst (2010) doi: 10.1093/jnci/djq346)
  • EurekAlert(Risk of cancer due to radiation exposure in middle age may be higher than previously estimated)

Category:ガン・腫瘍

 Keyword:【放射線/7】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2009/04/02久留米大学の国内初の「がんワクチン外来」、申し込み殺到で受付1時間で受け付け終了
2008/07/03白血球を使用した癌治療が臨床試験段階に
2008/08/06ビタミンC投与でがん半減 マウス実験で、米研究所
2006/11/30がん転移、防御システムに便乗…東京女子医大が解明
2008/03/17ガン治療の新薬、異例の迅速認可(nikkei)
2008/02/15精子と腫瘍は同じメカニズムで免疫細胞からの攻撃を回避している?
2007/11/07アガリクスの「安全性」臨床試験が開始される
2007/10/02ジクロロ酢酸(DCA)の臨床試験が始まったそうです。(NewScientist)
2007/08/20糖尿病治療薬「メトフォルミン(metformin)」がガン細胞を死滅させることが出来る


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)4245access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)2914access
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)2692access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)2057access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)1950access

すべて見る


放射線