青色LEDの光で感情をコントロール出来る 精神

Amrit不老不死研究所


2010/10/31

青色LEDの光で感情をコントロール出来る

ベルリンのリエージュ大学の研究者Gilles VandewalleらがPNASに報告。

目には、赤、青、緑の3種類の光を受ける細胞があるが、これまでの研究で、青い光を受ける細胞のみが、睡眠サイクル(サーカディアンリズム)や覚醒に影響することが分かっている。人が青い光を浴びて気分が良くなったり、太陽の光を浴びて幸せな気分になったりするのはこの作用である。実際、光は感情障害の治療にも使われているが、どのようなメカニズムなのかは詳細には分かっていなかった。

研究者らはこのメカニズムを解析するために17名のボランティアに緑色や青色のライトを浴びせながら怒った声や、感情のない声を40秒間隔で順番に聞かせた。そしてその時の脳の活動をfMRI(機能的MRI)でスキャンしたところ、感情の活動に働く側頭葉の言語野や海馬は怒った声のみに反応し、そして、その感情の作用が青い光で増強される事を見つけだした。この青い光による感情の増強作用は怒った声などだけでなく、どのような感情も増幅しうると研究者らは考えている。

Category:精神 / 10



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2010/10/25遺伝子治療でうつ病モデルマウスの治療に成功(newscientist)
1970/01/01
2007/03/07シクロスポリンの投与が「うつ」の原因になる?(mainichi)
2003/08/24うつ病は新しい細胞で防げる


■■ アクセス数の多い記事 ■■
筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)000924access
バファリン4分の1錠を毎日飲むとガンで死ぬリスクが低下する(ガン・腫瘍)000805access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)000526access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)000478access
()000402access
授乳中の母親の食生活が子供の体質・太りやすさに長く影響を与える(ダイエット・メタボリックシンドローム)000356access
効果が科学的に確認されている天然成分の媚薬まとめ(性・生殖)000300access
2日に1個の卵を食べるだけで動脈硬化になる可能性が上昇するようだ(生活習慣)000275access
目に入る青色光の量で覚醒と眠気をコントロール可能。寝る前2時間のiPadで睡眠ホルモン「メラトニン」が20%減少(睡眠)000269access
ネズミの心臓細胞とシリコンシートで作った人工クラゲ(動画)(筋肉・人工筋肉)000264access