ガン細胞は創傷治癒の時と同じ状態にある (カテゴリー:ガン・腫瘍)


2004/01/14

ガン細胞は創傷治癒の時と同じ状態にある

スタンフォード大学のHoward Changらの研究によるとガン細胞は創傷治癒と似た状態にあり、創傷治癒で働く遺伝子を調べるとどのガン細胞が広がりやすいか見分けることが出来る可能性があるそうだ
ガン細胞が発現する遺伝子は多数知られており、膨大なリストが発表され議論されているが、あまりに多数の現象が起きているため、こういった手法での研究はなかなか成果を上げることが出来ていない。今回、研究者らは傷が治る過程(創傷治癒)とガン細胞の拡大は、どちらも血管系の形成など同じイベントが必用である点に目をつけ、創傷治癒で働く遺伝子を調べ、ガンの悪性度との関係を調べていくことで、悪性度の高いガン細胞を見分け、また治療することが可能となるかもしれない。

このような手法では乳ガン細胞で特異的に発現されるHER2受容体がよく知られており、近年これをターゲットとした抗体医薬Herceptinが発売されている。

発表先は Jan. 19 edition of Public Library of Science Biology
学術雑誌じゃないかも(^^;

Category:ガン・腫瘍

 Keyword:【Herceptin/1】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)5032access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)4867access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)4217access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)3961access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)3406access

すべて見る


Herceptin