科研製薬の「フィブラストスプレー」を全ての大学病院が採用 (カテゴリー:創傷治癒)


2002/12/27

科研製薬の「フィブラストスプレー」を全ての大学病院が採用

発売1年半でシェア1番だそうです。
フィブラストスプレーはbFGFを用いた世界で最初の再生医療医薬
科研製薬がアメリカのベンチャーが開発したbFGFの大量精製法とライセンス契約し、10年かけて開発したものである。
お年寄りの床ずれや、糖尿病による皮膚障害を短期間で直すことが出来る。
骨まで露出した床ずれも1日1回の噴射で数週間後には新しい皮下組織を再生することが出来る。
薬価ベースの月間売り上げが2億8000万円。1〜2年以内に年間60億の売り上げを見込んでいる。

Category:創傷治癒



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

アメリカにおける子宮頸ガン予防ワクチン投与状況と投与による10代少女の性活動変化(性・生殖)877access
嫌な事があった日は徹夜すると嫌な気分が緩和しトラウマになりにくい。という研究結果(睡眠)562access
iPS細胞を効率的に作製するための方法に関する研究進捗(2006-2011)(幹細胞)479access
女性ホルモンの多い女性は魅力的で、男性捜しにどん欲(性・生殖)465access
気まぐれな運動はかえって太る〜運動によりやせるためには男性で週32km以上、女性で16km以上必要(運動・エクササイズ)416access

すべて見る