再生能力の強いマウスと通常マウスの傷の治癒時のタンパク発現の差を比較し再生に関わる遺伝子を解明する (創傷治癒のカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2000/12/15

再生能力の強いマウスと通常マウスの傷の治癒時のタンパク発現の差を比較し再生に関わる遺伝子を解明する

皮膚などの軟組織の傷の治癒や再生は遺伝子によりコントロールされている複雑な現象である。これらの傷の治癒や再生に関わる遺伝子候補を発見することを目的として、アメリカのJL pettis医療センターとLoma Linda大学の研究者らは傷が素早く治ることが知られているMRLマウス「MRL/Mpj-Fas(lpr) mouse」と傷がすぐには治らない通常のB6マウス(C57BL/6J mouse)の傷治癒の時に発現するタンパク質を比較した。

実験では耳に穴をあけ、その穴が塞がる時に発現するタンパク質を抽出してSELDI タンパクチップ技術をもちいて解析した。解析の結果、この2つのマウスで2〜4倍の発現量の異なる5つの候補タンパク質が発見された。5つとも以前から治癒や再生に関わっていることが知られているタンパク質であったが、特にこの中で23560Daの大きさのタンパク質が耳に開けた穴の治癒具合と発現量が強く関連していた。研究者らはこのタンパクが様々な増殖因子の発現を促して治癒をスピードアップしていると考えている。

原文タイトル:

Category:創傷治癒 / 5

 Keyword:【MRLマウス(3)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2002/12/27科研製薬の「フィブラストスプレー」を全ての大学病院が採用


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)6751access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2165access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2074access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1902access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1614access

すべて見る


MRLマウス