子どもの脳に悪影響か ビスフェノールAで米報告 (カテゴリー:天才になる方法)


2008/09/04

子どもの脳に悪影響か ビスフェノールAで米報告

プラスチック製品に含まれるビスフェノールA(BPA)が脳神経形成を妨げること米エール大学の研究者らがPNASに発表したそうだ。異常が現れたのは記憶や学習を司る海馬の「スパイン」という構造。

研究者らはアフリカミドリザルにBPAを4週間与え続けたところ部分によってはスパインの数が半分以下に低下した。研究者らはうつ病などの気分障害に関係している可能性もあると言っている。

またアメリカ保健福祉省はBPAが人の発達に悪影響を与える危険性を否定でき兄と発表している。すでにカナダ政府はBPAを含むほ乳瓶の販売を禁止する方針を明らかにしているそうだ。

Category:天才になる方法

 Keyword:【ビスフェノールA/2】 【BPA/2】 【うつ病/6】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2008/09/03「学習意欲」、本能かかわる脳中枢に 大阪市大など解明(asahi)
2008/08/14脳内で起こる記憶処理に睡眠が影響
2008/08/20ウコンから記憶力を高める物質発見
2006/08/14「いくつになっても勉強」 学習用神経細胞は生き残る
2008/04/16ひらめき思考の「右脳マウス」を発見
2008/03/21Shank1遺伝子のノックアウトマウスで天才ネズミを作る
2007/05/01目を左右に動かすだけで記憶力がアップするらしい
1970/01/01
2007/03/20自閉症が、高密度治療で改善(yomiuri)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)5495access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)5001access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)4333access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)4288access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)3724access

すべて見る


うつ病

ビスフェノールA

BPA