妊娠中の軽いストレス→子供の学習能力向上 (カテゴリー:天才になる方法)


2008/11/19

妊娠中の軽いストレス→子供の学習能力向上

発表したのは山口大学の中村彰治らのグループ。過酷なストレスは胎児に悪影響を及ぼすが、経度のストレスならストレスを感じた時に分泌されるホルモンが胎児の脳の発達を促すらしい。

研究グループは妊娠後期にあたる15−17日のラットを3日間拘束して1日30分だけストレスを与えた。そして胎児の脳を比較したところ、空間認識や記憶を司る海馬の樹状突起が通常よりも大幅に発達していたそうだ。一方、1日4時間拘束したらったの胎児は通常よりも樹状細胞の成長が低下していたそうだ。

さらに、生まれてきたラットの学習能力を調べたところ、通常のラットの方が高く、迷路で迷わずにエサを探し出す能力も優れていたそうだ、ストレスを感じると「副腎皮質ホルモン」が分泌されるが、このホルモンが神経細胞の発達を促すと推測される。

人間の母親でも、妊娠中に適度なエアロビクスを続けた女性の子供の知能指数が通常より高いとする報告もあるそうだ。

Category:天才になる方法

 Keyword:【学習能力/8】 【妊娠/10】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2008/11/06長期学習者は短期学習者に比べ英語を使う時に文法野が省エネモードになっている(asahi)
2008/10/31記憶の再固定に関わる因子「GSK-3β」を発見(理化学研究所プレスリリース)
2008/09/08数量の瞬時判断能力が「数学」得手不得手の分かれ目か
2008/07/07豆腐の食べ過ぎは老人の脳に悪影響を及ぼす?(/.jp)
2008/09/02脳細胞増えないと「方向音痴」?…京大教授ら解明
2008/09/04子どもの脳に悪影響か ビスフェノールAで米報告(sankei.msn)
2008/09/03「学習意欲」、本能かかわる脳中枢に 大阪市大など解明(asahi)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

iPS細胞を効率的に作製するための方法に関する研究進捗(2006-2011)(幹細胞)479access
女性ホルモンの多い女性は魅力的で、男性捜しにどん欲(性・生殖)465access
気まぐれな運動はかえって太る〜運動によりやせるためには男性で週32km以上、女性で16km以上必要(運動・エクササイズ)416access
p16(INK4a)タンパクが加齢に伴う老化を引き起こす(アンチエイジング・老化抑制)361access
赤ちゃんにとって最初の1年間の母親の影響は非常に大きい(子育て)359access

すべて見る


妊娠

学習能力