大動脈瘤の原因はJNKが異常に活性化したため?(mainichi) (治療技術のカテゴリーに関する別の記事)


2005/11/29

大動脈瘤の原因はJNKが異常に活性化したため?(mainichi)

山口大学の松崎教授らが、解明してNat Med12月号に投稿
JNKを抑制する薬を飲ませたマウスの大動脈瘤が小さくなったそうだ

Category:治療技術 / 10



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2005/09/13骨髄細胞が損傷組織に移行して治癒に関わる仕組みがわかった(1)
2004/08/13松下、ガン治療用の従来の5分の1の価格のレーザー発生装置「PDレーザー」


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)7817access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2489access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2112access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)2063access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1672access

すべて見る