BALB/cマウスとC57BL/6マウスの経粘膜感染防御の違い (感染症のカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2009/10/19

BALB/cマウスとC57BL/6マウスの経粘膜感染防御の違い

研究者らが2種類のマウスに何種類かの病原性物を鼻腔ロートで感染させたところ、BALB/cマウスでは感染初期の病原性物の増殖抑制が出来なかった。すなわちBALB/cマウスでは感染初期にTNFやIFNγが肺で産生されるのが遅れる。IL-12と可溶性TNFレセプターの量は同じだった。

原文:

Category:感染症 / 10



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2009/08/27カナダのオンタリオ州。住民全員のインフルエンザワクチン無料接種実施で抗生物質の使用量が減少(medpage TODAY)
1970/01/01
1970/01/01
2006/11/02脳内のプリオンタンパク質は神経を伝わって唾液や、鼻粘膜に出てくる?(2)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)6559access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2128access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2063access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1884access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1606access

すべて見る