魚を食べて心臓病を防ごう(朝日新聞) (カテゴリー:生活習慣)


2002/04/10

魚を食べて心臓病を防ごう(朝日新聞)

ハーバード大学の研究者らが看護婦8万5千人を対象に調査した所、動脈硬化による心臓病にかかる率は魚を食べる回数が月に一回未満の人が一番多かった。これに対し、月1〜3回なら21%、週1回なら29%、週2−4回なら31%、週5回以上なら34%リスクが減っていた。
生死に関わる重い心臓発作の発生率ではさらに差が大きく週5回以上食べる人では45%も危険率が少なかった。

別のボストンのグループは男性医師2万2000人を対象に調べたが、魚を習慣的に食べる人では81%も危険性が低かった。

これまでにも魚に含まれるDHAEPAなどの不飽和脂肪酸が動脈硬化を防ぐ効果があるとされてきたが、今回、食べる魚の種類からこれらの不飽和脂肪酸の摂取量との関わりを調べたが、摂取量が多いほど危険率が減っていた。
この報告はアメリカ医師会紙4月10日号と、New england j. medicine4月11日号に掲載される。

DHAって頭がよくなるって効果だけかと思ったらこんな効果もあるんだね。
女より男の方が動脈硬化とかになりやすいそうなので、俺も魚を食べる量を増やしたいもんだ
とかいいつつ、よくケンタッキー6ピースセットとかを一人で食っている

Category:生活習慣

 Keyword:【DHA(3)】 【EPA(3)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2003/01/09アルコール好きは心臓発作になりにくい(MSN)
2004/07/08カビのニオイ、気が付いてなくてもα波が3割減少
2005/03/07カルシウムを摂取するために牛乳を飲むのは間違い?(medilexicon)
2006/03/12子供の鉛摂取に関してもっと気にしないといけないことがある(1)
2008/09/08妊娠初期のアルコール摂取は胎児の細胞死につながる
2008/10/27アルコールの摂取は、適量でも老人の脳機能を低下させるようだ
2011/01/08「禁酒ワクチン」がチリで開発中
2012/08/282日に1個の卵を食べるだけで動脈硬化になる可能性が上昇するようだ
2003/01/09肥満で喫煙すれば寿命が大幅に縮む(MSN)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)15995access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)5731access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)5583access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)4188access
太りやすさは腸内細菌の種類で変化する(ダイエット・メタボリックシンドローム)4027access

すべて見る


DHA

EPA