マウスの背中に補助肝臓を作ることに成功 (肝臓の治療・再生のカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2007/06/18

マウスの背中に補助肝臓を作ることに成功

研究者等はヒトの遺伝子を持つ肝臓の細胞を特殊な温度感受性シートを用いて培養し、平面のシート状の肝臓組織を作り出した。このシート状の肝臓をマウスの皮下に移植したところ、補助肝臓として200日間機能することを確認した。このシートは4枚まで重ねて移植することが出来、補助肝臓の性能も枚数に応じて上昇した。

Category:肝臓の治療・再生 / 18



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2007/04/13肝臓の再生は、そんな難しいメカニズムでは無いようだ(ScienceDaily)
1903/11/26肝細胞を肝障害を起こしているマウスに移植すると正常肝細胞が元の肝臓に置き換わった


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)6165access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2035access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2021access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1839access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1588access

すべて見る