脾臓(spleen)と肝細胞で腹腔内に補助肝臓を作ることが出来る (カテゴリー:肝臓の治療・再生)


2007/06/18

脾臓(spleen)と肝細胞で腹腔内に補助肝臓を作ることが出来る

研究者らは、摘出した脾臓に細胞の足場となるゲルとともに肝細胞を入れ腹腔内に肝臓に接着させ移植することで脾臓が補助肝臓として働くことを発見した。

肝細胞を含んだ脾臓は移植後、数日で肝臓から血流が通うようになり脾臓内の肝細胞は肝臓としての機能を維持し、アルブミンの産生や、解毒作用を果たしていることが確認された。

肝細胞は移植すると肝臓としての機能を果たすことが以前より報告されているが、身体に必要な機能を果たさせるためには大量の肝細胞を移植しなければならず移植場所が無いことが問題であった。この移植方法は、大量の肝細胞を移植することが出来る。移植に用いる脾臓をどのように調達するかなど問題もあるが、接着させるだけで、血管を縫合させる必要が無いなど非常に興味深い方法である。

Category:肝臓の治療・再生



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2007/06/18マウスの背中に補助肝臓を作ることに成功
2007/04/13肝臓の再生は、そんな難しいメカニズムでは無いようだ(ScienceDaily)
1903/11/26肝細胞を肝障害を起こしているマウスに移植すると正常肝細胞が元の肝臓に置き換わった


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)17442access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)6845access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)6230access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)4639access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)4632access

すべて見る