風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri) (カテゴリー:未分類)


2006/12/26

風邪薬の多用で肝障害の危険性(yomiuri)(FDA)

アメリカFDAが、風邪薬によく入っているアセトアミノフェン、アスピリン、イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセン、アセトアミノフェンを多量に服用すると肝臓障害を起こす危険性が高く、注意書きをするようにメーカーに求めたそうです。

これらを過剰に摂取したり、飲酒とともに服用したりした場合、肝臓障害や、胃の出血など重大な副作用を起こす危険性があるとのこと。

Category:未分類

 Keyword:【風邪/5】 【飲酒/5】



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
1970/01/01
2006/11/30記憶力向上酵素:関節リウマチなどに役立つ可能性
1970/01/01
1970/01/01
2006/11/30切断神経9センチ再生、京大が新治療技術
2006/11/16糖尿病患者向け血糖値によって色の変わるコンタクトレンズ(GIGAZINE)
2006/11/09飲んで使うカプセル型内視鏡、オリンパス子会社が承認申請へ
1970/01/01
1970/01/01
1970/01/01


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)769access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)539access
女性ホルモンの多い女性は魅力的で、男性捜しにどん欲(性・生殖)487access
iPS細胞を効率的に作製するための方法に関する研究進捗(2006-2011)(幹細胞)486access
気まぐれな運動はかえって太る〜運動によりやせるためには男性で週32km以上、女性で16km以上必要(運動・エクササイズ)432access

すべて見る


飲酒

風邪