睡眠時無呼吸症候群は治療マスクをつけても脳梗塞の危険性は高い (睡眠のカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2007/01/23

睡眠時無呼吸症候群は治療マスクをつけても脳梗塞の危険性は高い

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、寝ている間に気道がせまくなって呼吸が頻繁に止まる病気で、1時間に30回以上無呼吸になると重症と判定される。無呼吸になると血液中の酸素が不足し、動脈硬化や血小板の凝固が置きやすくなることから脳梗塞や心筋梗塞の原因となる。

この治療には鼻にマスクをつけて空気を送り気道を広げる装置をつけるCPAP療法が有効だとされているが今回、明らかになったところによると、CPAP療法を行っても無呼吸状態は改善するものの、血液の固まりやすさなどは改善してないことが分かった。

Category:睡眠 / 21

 Keyword:【脳梗塞(5)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)6340access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)2071access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2047access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1860access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1594access

すべて見る


脳梗塞
梗塞]