酒の弱い人はアルツハイマーになる可能性が1.6倍(asahi) (遺伝子診断・遺伝子多系のカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2003/01/30

酒の弱い人はアルツハイマーになる可能性が1.6倍(asahi)

アルコールを分解する「アセトアルデヒド分解酵素2(ALDH2)」がアルコールの他にもアルツハイマーの原因となりうる有害物質をも分解しているそうです。
この有害物質はアセトアルデヒドと似た構造だそうです。

Category:遺伝子診断・遺伝子多系 / 8

 Keyword:【アルコール(10)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)1772access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)1705access
バファリン4分の1錠を毎日飲むとガンで死ぬリスクが低下する(ガン・腫瘍)1019access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)780access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)730access

すべて見る


アルコール