高齢で3cm以上身長がちじんだ人は心臓病などになりやすい傾向(yomiuri) (カテゴリー:統計(寿命・その他))


2006/12/14

高齢で3cm以上身長がちじんだ人は心臓病などになりやすい傾向(yomiuri)

イギリスの大学の調査で加齢に伴い身長が多く縮む人ほど心臓病などを発症し死亡する可能性が高いことが分かった。

研究チームは1978〜80年に40〜50代の男性4213名を20年間追跡調査した。一般的にどんな人でも加齢に伴い身長はちぢみ、今回の試験でも全員の平均で1.76センチ身長が縮んでいた。その中でも20年間で3センチ以上縮んだ人は1センチ以下しか縮まなかった人に比べガン以外の心臓疾患や呼吸器疾患で無くなる割合が64%高いことが分かったそうだ。

一般的に身長が縮むのは骨密度の減少が原因である。骨からのカルシウム流出は血管に悪い影響を与えることが分かっているのでそのことと関係あるかもしれません。

この結果は2006年12月11日発行の米内科学誌に掲載。

Category:統計(寿命・その他)

 Keyword:【骨密度(4)】 【カルシウム(4)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2005/11/07子供の寿命は父親から遺伝するとスウェーデンの研究チームが分析


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)18539access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)7934access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)6593access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)5416access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)4931access

すべて見る


カルシウム

骨密度