肝臓の細胞が膵臓や小腸の細胞に変化した(肝幹細胞が膵臓や小腸にも分化、筑波大が確認(読売新聞)) (成体幹細胞のカテゴリーに関する別の記事)

Amrit不老不死研究所


2001/12/11

肝臓の細胞が膵臓や小腸の細胞に変化した(肝幹細胞が膵臓や小腸にも分化、筑波大が確認(読売新聞))

肝臓の中には肝臓が障害を受けた場合に増殖して肝臓を補う肝幹細胞と呼ばれる細胞がある。
これまで、この細胞は肝臓にしかならないと考えられてきたが、12月11日の分子生物学会でこの細胞が異なる細胞に変化する事が報告された。研究者らはマウスから肝幹細胞を摘出し、移植した細胞と分かるように細胞が発光する遺伝子を導入して別のマウスの膵臓、または小腸に肝幹細胞を移植した。

3ヶ月後、膵臓の一部がリング状に発光しており、肝幹細胞が膵臓細胞に変化した事が画にされた。またこの細胞はアミラーゼなどの膵臓機能を示す物質を出していた。小腸に移植した細胞も小腸の細胞に変化していた。
これまで肝臓にしか成れないと考えられてきた肝幹細胞はもっと前の段階のいろいろな臓器に成れる可能性のある細胞であるのかもしれない。

Category:成体幹細胞 / 22



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2002/06/07精子の幹細胞を維持する仕組みが分かった
2002/12/21米国Large Scale Biology社(LSBC社)が骨髄幹細胞をin vitroで増殖に成功(nikkei)
2002/12/21文部省、ヒトの幹細胞を集め細胞バンクを作成(毎日新聞2002年12月21日東京朝刊)
2003/02/11移植用の末梢血幹細胞を提供したドナーが白血病で死亡(asahi.com)
2003/03/10末梢血中の単球を様々な細胞に分化させる事に成功
2003/04/02造血幹細胞の働き保つ遺伝子を発見(国立がんセンター、上野博夫ら)
2003/04/23乳歯の中に幹細胞発見
2003/10/24Bmi-1という遺伝子により成体幹細胞の自己複製は維持されているそうです
2004/03/11「女性の卵子の数は決まっている」は過ち、卵子幹細胞の存在をマウスで発見(wired)
2004/08/19NASAが宇宙空間で血液幹細胞を培養し組織を作り出すプロジェクト(wired)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)3297access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)1849access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1269access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)1264access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)1242access

すべて見る