骨髄細胞由来の細胞1つから様々な組織の細胞が出来た (カテゴリー:成体幹細胞)


2001/03/04

骨髄細胞由来の細胞1つから様々な組織の細胞が出来た

Category:成体幹細胞



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2001/04/10脂肪から筋肉や骨が出来る
2001/12/11肝臓の細胞が膵臓や小腸の細胞に変化した(肝幹細胞が膵臓や小腸にも分化、筑波大が確認(読売新聞))
2002/06/07精子の幹細胞を維持する仕組みが分かった
2002/12/21米国Large Scale Biology社(LSBC社)が骨髄幹細胞をin vitroで増殖に成功(nikkei)
2002/12/21文部省、ヒトの幹細胞を集め細胞バンクを作成(毎日新聞2002年12月21日東京朝刊)
2003/02/11移植用の末梢血幹細胞を提供したドナーが白血病で死亡(asahi.com)
2003/03/10末梢血中の単球を様々な細胞に分化させる事に成功
2003/04/02造血幹細胞の働き保つ遺伝子を発見(国立がんセンター、上野博夫ら)
2003/04/23乳歯の中に幹細胞発見
2003/10/24Bmi-1という遺伝子により成体幹細胞の自己複製は維持されているそうです


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)4962access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)4851access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)4197access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)3911access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)3361access

すべて見る