「女性の卵子の数は決まっている」は過ち、卵子幹細胞の存在をマウスで発見 (カテゴリー:成体幹細胞)


2004/03/11

「女性の卵子の数は決まっている」は過ち、卵子幹細胞の存在をマウスで発見

アメリカ・ハーバード大学の研究チームが出生後も卵子を新しく作り出す細胞が存在していることを発見した。
ヒトなど多くのほ乳類のメスでは生まれる前にすべての卵子が作られ、出生後は新しくできないと半世紀以上も信じられていた。
報告によると成体マウスの卵巣でも減数分裂が確認され、またGFPトランスジェニックマウスに移植した野生型の卵巣ではGFPを発現する生殖細胞が観察された。

この幹細胞を摘出し増殖させることが可能になればこれまで以上の高齢出産が可能になり不妊治療にも応用可能であると思われる。

Category:成体幹細胞



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2004/08/19NASAが宇宙空間で血液幹細胞を培養し組織を作り出すプロジェクト(wired)
2004/12/19普通の細胞を幹細胞に戻せる物質「reversine」(slash.jp)
2007/01/11皮下脂肪から肝臓細胞を作ることに国立がんセンターの研究者らが成功(yomiuri)
2007/03/20皮下脂肪から肝臓の細胞を作ることに成功(yomiuri)
1903/11/26脂肪吸引により除去した脂肪から幹細胞を取り出し豊胸手術(asahi)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)4962access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)4851access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)4197access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)3911access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)3361access

すべて見る