Bmi-1という遺伝子により成体幹細胞の自己複製は維持されているそうです (カテゴリー:成体幹細胞)


2003/10/24

Bmi-1という遺伝子により成体幹細胞の自己複製は維持されているそうです

Nature 2003 vol.423 p.255にカナダの研究者が発表しているのと何が違うんだ?題名はBmi-1 determines the proliferative capacity of normal and leukaemic stem cells

ちなみに今回発表したのは
  • Bmi-1 dependence distinguishes neural stem cell self-renewal from progenitor proliferation. Nature 425, 962 - 967 (30 October 2003);

Category:成体幹細胞



↑B [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2004/03/11「女性の卵子の数は決まっている」は過ち、卵子幹細胞の存在をマウスで発見
2004/08/19NASAが宇宙空間で血液幹細胞を培養し組織を作り出すプロジェクト(wired)
2004/12/19普通の細胞を幹細胞に戻せる物質「reversine」(slash.jp)
2007/01/11皮下脂肪から肝臓細胞を作ることに国立がんセンターの研究者らが成功(yomiuri)
2007/03/20皮下脂肪から肝臓の細胞を作ることに成功(yomiuri)
1903/11/26脂肪吸引により除去した脂肪から幹細胞を取り出し豊胸手術(asahi)


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)4962access
嫌な記憶のみを忘れっぽくし、他の記憶には影響を与えない薬物が発見される。しかも薬局で買える薬に含有される成分だった。(精神)4851access
幸せホルモン「オキシトシン」は嫌な記憶を強める2面性を持っている。「幸せ過ぎて不安なの〜」は正常な反応(精神)4197access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)3911access
妊娠悪阻(にんしんおそ)、悪阻(つわり)に関して分かっている事。症状がひどくなりやすい条件(子育て)3361access

すべて見る