CD4+CD25+Foxp3+制御性T細胞による急性/慢性移植拒絶の抑制 (臓器移植のカテゴリーに関する別の記事)


2008/01/10

CD4+CD25+Foxp3+制御性T細胞による急性/慢性移植拒絶の抑制

移植医療の主要な挑戦といえば、移植組織の拒絶につながる強力な免疫拒絶をコントロールすることだ、免疫抑制剤により急性の拒絶は効果的に抑制出来るが、一部の患者では、慢性的な免疫拒絶が起こり、最終的には移植臓器の機能が失われてしまう。移植組織に対する免疫寛容を作り出すことは免疫拒絶と人生を通じた免疫抑制剤による治療を避けることにつながる。

自己抗原に対する免疫寛容はいくつかのメカニズムで起こることが知られている。一つは制御性T細胞の働きによる。今回、研究者らはマウスにおいて臨床的に許容出来るレベルの放射線を用い、in vitroにおいて抗原により刺激されたCD4+CD25+Foxp3+制御T細胞を用いることで骨髄や皮膚、動脈の移植塊に対する長期間のトレランスを起こせることを示している。

適切に刺激された制御T細胞が将来的な人生を通じた免疫寛容を起こすことが出来る可能性がある。

Category:臓器移植 / 4

 Keyword:【免疫抑制剤(7)】 【放射線(5)】 【免疫寛容(2)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
1975/01/01他人の首:人の頭部の移植手術は実現可能か


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)13993access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)5176access
瞳孔(どうこう)の動きを観察するだけで同性愛者・バイセクシャルを判別可能。女性は潜在的に同性愛傾向?(性・生殖)4153access
太りやすさは腸内細菌の種類で変化する(ダイエット・メタボリックシンドローム)3764access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)3728access

すべて見る


免疫寛容

放射線

免疫抑制剤