骨髄移植でHIV治療が可能 (免疫・アレルギー・自己免疫疾患のカテゴリーに関する別の記事)


2008/11/17

骨髄移植でHIV治療が可能

HIVウイルスは免疫担当細胞のCCR5受容体を目印に感染します。
今回、アメリカ人の白血病患者にCCR5受容体が通常と異なり、HIVウイルスに耐性を持つであろう遺伝子を持つドナーからの移植を行ったところ、白血病が治ったのはもちろん、HIVウイルスも消え去ったそうです。

近い将来、白血病以外にもエイズ治療のために骨髄移植を行う可能性があるかもしれません。

Category:免疫・アレルギー・自己免疫疾患 / 20

 Keyword:【HIV(3)】



このエントリーを含むはてなブックマーク [RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■■
2008/11/13花粉症の減感作療法を3回の注射、3ヶ月で行うことに成功(yomiuri)
2007/05/23Toll-like receptor:TLR様受容体
2007/05/23獲得免疫の仕組み(1)
2007/05/23樹状細胞(dendritic cell)
2007/04/25ADCC活性
2007/05/23CD34抗原
2007/05/23レギュラトリーT細胞(regulatory T cell)
2007/04/24花粉症緩和米の安全性評価試験結果が発表される
2005/02/27韓国の科学者、移植用のブタ改造中


■■ アクセス数の多い記事 ■■
アクセス数の多い記事

筋肉を増やすには「強い負荷」より、「軽い負荷×繰り返し」が効果的(運動・エクササイズ)9594access
ダノン社「BIO」ヨーグルトの効果(サプリメント)3153access
自転車に乗る女性は注意。ハンドル&サドルの高さが性的感度に影響する(性・生殖)2395access
タバコを吸わない人が喫煙室に1時間いると起きる血液中の変化(生活習慣)2185access
男性ホルモン入り皮膚パッチを貼ると男は正直になる。もしくは超能力が使えなくなる。(性・生殖)1772access

すべて見る


HIV