GSKが開発中のエボラウイルスワクチンの臨床試験が特例を使い9月にも開始
カテゴリー:感染症(記事数:42)

↑B

2014.08.29

GSKが開発中のエボラウイルスワクチンの臨床試験が特例を使い9月にも開始
An experimental Ebola vaccine from GlaxoSmithKline is being fast-tracked into human studies

 GSKが開発中のエボラウイルスワクチンが昨今のエボラウイルスの流行を受けて例外的な早期試験プログラムに乗っ取り9月中に臨床試験(Phase I)が開始されるそうです。この試験では効果では無く、副作用の有無などの安全性が確認されます。

 GSKではこの試験と平行して1万人分のワクチンを製造する計画で、試験で副作用が見られなければ特例的に流行が懸念される地域にこのワクチンが配布される予定です。

 エボラウイルスにより現在までに1552人が死亡しており、さらなる拡大が懸念されています。

Category:感染症

 Keyword:エボラ/4 ワクチン/189 GSK/7




コメント

いいっすね!=5
001 [08.29 20:43]てすと@Biglobe:てすと (1)
002 [08.29 20:44]ふぇちゅいん(間取り打ち合わせ) TW★51:てすと2 (1)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
GSK
ワクチン
エボラ


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る