コーセー、iPS技術を使い67歳の肌を37歳に若返らせる事に成功。「でも美容目的じゃなくて研究目的だからねっ!」
カテゴリー:幹細胞(記事数:33)

↑B

2014.10.16

コーセー、iPS技術を使い67歳の肌を37歳に若返らせる事に成功。「でも美容目的じゃなくて研究目的だからねっ!」
Kose co. succeed controversial anti-aging of 67-year-old skin cell by iPS technology

 素直になれば良いのにと思いますが(笑)、化粧品を販売するコーセーがiPS技術を用い、67歳男性の肌をiPS技術でリセットした後、再度、皮膚細胞に変化させ37歳レベルの皮膚を作ることに成功したそうです。

同社は今回の結果を使い、老化のメカニズムを解明していく。まだ基礎研究の段階だが、将来的には、一人ひとりの肌アレルギーに対応したオーダーメード化粧品の開発にもつながるという。

と寝ぼけたコメントにニヤニヤしてしまいます。iPS細胞から皮膚細胞を作り出すのは比較的簡単で、皮膚移植も美容整形分野で非常に技術が進んでいます。いずれ、iPS技術を用いた若返り整形手術が進んでいくんでしょうね。

iPS技術を用いた移植は2014年9月12日に世界で初めて行われています。この時は皮膚からiPS細胞を作り、その細胞で作り出した網膜を移植しています。

Category:幹細胞




コメント

いいっすね!=11
001 [10.17 22:34]名無し:皮膚の若返りクルよね (3)
002 [10.18 00:11]@OCN:年齢不詳の人が増えるんですね。ますます女は怖いな〜。 (3)
003 [10.20 12:32]いかるが★1:未来世紀ブラジルや永遠に美しく…の世界まであと少しですね (2)
004 [10.20 15:46]@InfoWeb:皮膚を生成する下の方の細胞を全取っ替えしないと駄目なんじゃないの?表面は垢になってどんどん剥がれてくのだし。 (1)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
アレルギー
iPS細胞
人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cells)

.wikipedia
.皮膚細胞から万能幹細胞の誘導に成功(化学技術振興機構)
.世間を賑わす「iPS細胞」とは何だろうか(東洋経済)
.ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)の樹立に成功(京都大学)



■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る