アメリカで糖尿病薬「リラグルチド」が「肥満治療用途」でも承認。販売元は今年から営業500人を動員して売り込み
カテゴリー:ダイエット・メタボリックシンドローム(記事数:82)

↑B

2015.01.19

アメリカで糖尿病薬「リラグルチド」が「肥満治療用途」でも承認。販売元は今年から営業500人を動員して売り込み

 日本でも販売されている1日1回自己注射の2型糖尿病治療薬「リラグルチド(製品名:ビクトーザ)」がアメリカで肥満治療薬として承認されました。

 臨床試験の結果を見ると、この薬を毎日注射して、1日500kcalの食事制限をすることで平均すると毎週1kg体重を減らすことが出来るようです。

 肥満の人は毎日自分で注射して治療する時代が日本でも近いうちにやってきそうです。

Category:ダイエット・メタボリックシンドローム




コメント

いいっすね!=19
001 [01.20 01:25]ななし@OCN:1日500kcalのカロリー制限が継続できれば、薬使わなくてもやせるよね (4)
002 [01.20 21:30]002@Plala:1日500kcalって・・・・それだけで十分痩せるだろ。 (6)
003 [01.21 08:57]ふぇちゅいん(借金生活) TW★53:リンク先の元記事に書いてありますが、カロリー制限だけでは週に0.7kg「だけ」しか痩せないそうです(^^; (3)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
糖尿病


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る