マラソンなどで1万人に1人程度起こる運動中突然死(致死性不整脈)の原因の1つはIRX3遺伝子の変異
カテゴリー:運動・エクササイズ(記事数:20)

↑B

2015.10.05

マラソンなどで1万人に1人程度起こる運動中突然死(致死性不整脈)の原因の1つはIRX3遺伝子の変異

この遺伝子変異のある人は、マラソン時などストレスの高まった状態でHis-Purkinje系という神経シグナル伝達がうまくいかなくなり、結果として、心臓の拍動を制御するための電気信号がうまく伝達されなくなるそうです。

研究者は遺伝子操作でIRX3遺伝子を欠損したマウスを作成し調べたところ、運動時に不整脈が多発することを確認、人間においてもIRX3遺伝子の1262G>C (R421P)、1453C>A (P485T)という遺伝子変異で同様の事が起こっていると推定されるそうです。

調べて突然死を防ぐのは有用かもしれないけど、自分がそんな変異を持っているかどうかは、あまり知りたくない気がします。

Category:運動・エクササイズ




コメント

いいっすね!=217
001 [10.05 21:38]土木施工管理技士@YahooBB:デスノートみたいだな (74)
002 [10.05 21:53]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★62:これは知るべきでしょう。このことについて知ってしまったからには、ちゃんと調べて安心して走った方が良い。 (84)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
マラソン
ストレス
遺伝子変異


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る