クマムシはHxHのキメラアントだった、遺伝子全体の6分の1が別の生物由来
カテゴリー:遺伝子・バイオインフォマティクス(記事数:36)

↑B

2015.11.26

クマムシはHxHのキメラアントだった、遺伝子全体の6分の1が別の生物由来

 不気味な見た目と、その驚異的な環境適応能力で有名な「クマムシ」ですが、遺伝子の6分の1が別の生物由来であることが判明しました。

 他の生物のDNAを取り込んで急速に進化する生物といえばマンガHxHのキメラアントとか、「レベルE」のマクバク族思い出しますがクマムシの場合は取り込んでいる遺伝子の大半は「細菌」などとのこと。

 これは、クマムシは完全に乾燥していまっても水を垂らせば復活しますが、その際にまわりにあった別生物のDNAが流れ込んでごっちゃになって再生しちゃう適当生物ってのがホントのところらしいです。

 自宅でいろんな生物のDNA放り込んで人工的に進化させる実験がしたいね。

Category:遺伝子・バイオインフォマティクス




コメント

いいっすね!=10
001 [11.27 17:07]グリーンヒル@So-net:いろんな生物のDNAほうり込んで・・・それって一歩間違えばバイオテロじゃないですか? (3)
002 [11.30 09:08]ななふし@InfoWeb:育てきれなくなって相模湾に捨てちゃうとかはやめてね! (3)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る