子供の頃に「指しゃぶり」「爪かみ」をした子供は一部のアレルギーになりにくいとの統計分析結果
カテゴリー:子育て(記事数:26)

↑B

2017.03.24

子供の頃に「指しゃぶり」「爪かみ」をした子供は一部のアレルギーになりにくいとの統計分析結果

ニュージーランドにおいて1000人以上の5才、7才、9才、11才の子供の親に、指しゃぶり(Thunb-sucking)、爪かみ(nail-biting)をしているかどうかを報告させ、アレルギーテストの結果と比較しています。

全体の31%に「指しゃぶり」「爪かみ」が見られましたが、13才時点で35%、32才の時点で40%アレルギーテスト反応が低いことが分かりました。

ただしアレルギー反応テストは、直接「喘息」などのアレルギー疾患とイコールでは無いので臨床的に意味があるかは不明とのことです。

Category:子育て

 Keyword:アレルギー/28




コメント

いいっすね!=4
001 [03.25 19:28]ふぇちゅいんさんふぁん(ゆるりゆラリー)★68:こういうのはたいてい大人になってからでも効果がある。 (2)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
アレルギー


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る