世界で最も医療費の高い薬ランキング10(2017年4月版)
カテゴリー:製薬会社・ビジネス(記事数:3)

↑B

2017.05.11

世界で最も医療費の高い薬ランキング10(2017年4月版)

1位:Ravivti,年間$793,632(9000万円ぐらい)
2位:Brineura,年間$702,000
3位:Lumizyme,年間$626,400
4位:Carbagle,年間$585,408
5位:Actimmune,年間$572,292
6位:Soliris,年間$542,640
7位:Alprolix,年間$503,880
8位:Idelvion,年間$500,000
9位:Naglazyme,年間$485,747
10位:Folotyn,年間$450540

いずれも患者数の少ない希少疾患向けの薬です。いずれも日本では未承認ですが、患者になったら、大金を出せば海外には治療薬があるという情況です。もちろん日本の国民皆保険なんて使えません。

Category:製薬会社・ビジネス




コメント

いいっすね!=283
001 [05.11 12:42]unknown@Ucom:海外渡航中に使われた薬が日本で承認されているか、還付請求の際に調べてくれるのですかね?http://www.medsos.jp/receipt-translation.... (90)
002 [05.12 09:26]PC@Au:Idelvionは日本で発売されています。 (97)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る