最新型第4世代ダヴィンチシステムの発売から見る、ロボット手術の現状について
カテゴリー:治療技術(記事数:18)

2020.10.26

最新型第4世代ダヴィンチシステムの発売から見る、ロボット手術の現状について

現在までに世界で2000台以上が販売されているそうです。

腹腔鏡手術と比べるとコスト的にはメリットは無く、治療効果的にもメリットは小さい?

Category:治療技術




コメント

いいっすね!=6
001 [10.27 05:37]ふぁ★1:どこかのデータで見た気がするんやけど、膀胱がん全摘術での治療効果がかなり違ったと思うんや。治療効果と言っても5年生存率ではなく、術後合併症の発生割合。尿失禁や勃起神経損傷の発生割合が圧倒的に少なかったんと違うやろか。保険適用も今は増えているんやけど、他のがんへの手術・がん以外への手術は術例がこれから溜まっていくからこれからやな〜。 (2)
002 [10.27 17:45]ななしさそ★54:医療過疎地でこそ有効なんでしょうけど、そんな所に最初3億、維持費2500万は厳しく。維持費が1千万くらいになると話変わってくるかな。あと、豪華客船に備え付けて置くとか。 (2)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る