過冷却装置でヒトの肝臓を27時間保存することに成功
カテゴリー:冬眠・凍結保存・クライオニクス(記事数:10)

↑B

2019.09.11

過冷却装置でヒトの肝臓を27時間保存することに成功

現在の標準的な4℃保存では12時間までしか移植に堪えないそうですが、研究者らの開発した改良型過冷却装置を使って凍結させずにー4℃で保存することで27時間の間、肝臓を保存することに成功したそうです。

今回の冷凍方法の「改良」の部分の詳細は確認出来ませんでしたが、この研究者らはこれまでに検討している方法を見ると摘出した肝臓をまず3-OMG(代謝されない糖類縁体)で60分処理しつつ4℃まで徐々に冷却、35kDaのPEGを5%含む溶液で処理してー6℃まで冷却する方法のようです。

Category:冬眠・凍結保存・クライオニクス




コメント

いいっすね!=29
001 [09.11 19:09]ぬう@Biglobe:時代は、パーシャル! (8)
002 [09.12 02:13]うぇ:https://en.wikipedia.org/wiki/Cells_Aliv....で Mr. Freeze—Norio Owada 日本の技術がからんでいるらしい、というか。停電で冷蔵庫が大変な今の千葉でこの話題とはw (7)
003 [09.13 22:58]ななしさそ★50:なんか頑張ればガラス化、液体窒素温度での移植臓器保存が出来そうな勢い。 (6)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る