Natureで新型コロナの重篤化と関係する遺伝子群が報告、ネアンデルタール人由来
カテゴリー:感染症(記事数:39)

2020.10.01

Natureで新型コロナの重篤化と関係する遺伝子群が報告、ネアンデルタール人由来

↓(上)染色体ごとの重篤化度との相関関係。(下)強い相関系の見られる3番染色体を保有する地域ごとの比率

出典:The major genetic risk factor for severe COVID-19 is inherited from Neanderthals. Nature (2020)
3199人のCOVID-19で入院した人を対象に遺伝子を調べたところ3番染色体の50kDaの領域に重篤化と高い相関を示す領域が見つかった。この遺伝子はネアンデルタール人由来で南アジア(インドとか)の30%の人が有する。バングラディッシュでは保有者は63%に達する。一方で、ヨーロッパでは8%、アメリカでは4%の人のみが保有している。日本とかで保有している人はほとんどいない。

世界中から心配されていたアフリカは東アジア並みに問題無いのかもね。「その遺伝子群がなんで?」って理由の解析はこれからのようです。

研究を主導した研究者はドイツの進化研究所のほかに沖縄科学技術大学院大学に籍があるね。

日本はそもそも心配する必要無しな感じで、日本での効率的な対策にはあまり参考にならなさそう。

Category:感染症




コメント

いいっすね!=11
001 [10/01 15:19]チューインガム@Plala:♪夢にみるアフリカぁ〜♪明るい光のぉ〜♪パラダイスにはもぉ〜♪帰れないのかぁ〜あ〜あ〜 (3)
002 [10/01 21:29]う〜ん@Ucom:感染経路、時期にもよるんだろうけど死亡者数とリンクしてるようには見えないな。マスクで防げているのかどうかも謎。 (3)
003 [10/02 12:03]はすし@金曜男@YahooBB:>002死亡者数とリンクしてるようには見えない、は同意。BCG優位説も裏付け研究が出てきたし、インフルワクチン効果説も有るし一要因程度かと。 (2)

名前 ↑B

コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る