ヒトの脂肪細胞が分泌する20の新しいペプチドを発見
カテゴリー:ダイエット・メタボリックシンドローム(記事数:82)

↑B

2010.09.13

ヒトの脂肪細胞が分泌する20の新しいペプチドを発見

研究者らは脂肪細胞のモデルとして使用されるSGBS(Simpson Golabi Behmel Syndrome)の患者の細胞を持ち知恵2D-MS/MSとnLC-MALDI-MS/MSで分泌されるペプチドを解析した。

結果、80種類のタンパクが分泌されていることを突き止めた、そのうち、6種類は新規のペプチドであり、20種類はこれまでに知られていたが、脂肪脂肪が分泌することは知られていなかったもの、また23種類のこれまでに分泌することが報告されていたペプチドも検出された。

報告はマサチューセッツ大学の研究者らで、Journal of Proteome Researchに発表
タイトルは
Identification of Novel Human Adipocyte Secreted Proteins by Using SGBS Cells

Category:ダイエット・メタボリックシンドローム




コメント

いいっすね!=5

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る