難聴治療薬FX-322を開発しているフリークエンシー・セラピューティクスが一部の臨床試験失敗で株価がジェットコースター
カテゴリー:アンチエイジングを目指す企業(記事数:15)

↑B

2021.03.26

難聴治療薬FX-322を開発しているフリークエンシー・セラピューティクスが一部の臨床試験失敗で株価がジェットコースター

FX-322のプラセボ対照Ph2a試験で同剤しめて4回投与の聴覚改善効果が残
長い目で見てやろうよ(^^;

1株55ドルで売っておくんだったか(^^;


しかし同社のパイプラインを見るとFX-322ぐらいしかないのか。

う〜ん、売りたくなる気持ちは分かるか・・・・しかもFX-322は独自開発した薬とかじゃなくて複数既存薬のミックスを用いたPCA(progenitor cell activation) approchとかいうよく分からないメカニズムで聴覚細胞の再生を目指しているんだよねぇ。

20ドルで買った株が50ドルまであがった時には「なんで上がっているんだろう・・・」とか思うものの理由を調べたりはしなかったのが悪かったね。

まあ1株しか持ってないけど。

Category:アンチエイジングを目指す企業




コメント

いいっすね!=5
001 [03/27 04:51]ふぁ★1:配当もなく、一本勝負の創薬にも失敗したら夢すらも残らんからなぁ。それにしても米国株は値動きがすごいなぁ。日足でみると一晩でマイナス78.2%ヽ(・ω・)/ズコー (1)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る