玉ねぎ成分「ケルセチン」のプラセボ対照二重盲目臨床試験で認知機能の改善効果を確認
カテゴリー:未分類(記事数:130)

↑B

2021.07.15

玉ねぎ成分「ケルセチン」のプラセボ対照二重盲目臨床試験で認知機能の改善効果を確認

24週間試験で60〜79歳対象に70人で試験のプラセボ対称二重盲目試験。プラセボとしてケルセチンを含まないホワイトオニオンを使用。

1日の摂取量はたった50mgなんだけど、使ったQuercetin Phytosomeは吸収が20倍よらしい。普通のケルセチンだと1000mg相当ことか?

認知能力の改善は求めるケルセチンのSenolyticsとしての老化細胞除去機能と関連しているかどうかは怪しいかもな。

Category:未分類

 Keyword:quercetin/10 ケルセチン/45




コメント

いいっすね!=3
001 [07/16 12:05]ふぁ★1:認知機能改善してもフラボンやし、副作用の効果が強く出そうやなあ。 (1)

名前 コメント(※改行は省略されます)

※3回以上の連続書き込み不可
この記事のアクセス数: ↑B
[RSS]


■■ このカテゴリーのその他の記事■■

■■他サイトの関連記事(自動)■■
ケルセチン
quercetin


■■ 最近アクセス数の多い記事 ■■

すべて見る